更新情報

2014/04/04
サイト情報・お問い合わせ先情報の情報を更新しました。
2014/04/01
サイトマップの情報を更新しました。
2012/02/08
プランの分類を新規投稿しました。
2012/02/08
最も危険な点を新規投稿しました。
2012/02/08
メリットも各々異なるを新規投稿しました。

定期的に情報を集めていく

住宅ローンの借り換えの理由には、家計が苦しくなってきて、住宅ローンの支払い期間を延長してもらうのが狙いといったケースや、返済総額を軽減するのが目的と様々ありますが、変更の時期を見極める為には、やはり定期的に情報を集めていくことをオススメします。
情報収集にはお金がかかりませんし、世の中の流れと金利変動には密接な相関関係があるといえますから、何もしないよりは常に情報に目を光らせていて損をすることはまずないでしょう。
それらの心得を踏まえた上で借り換えの最適な時期は、長期的なスパンで考えたときにメリットとデメリットのどちららが上回るかを比較し、メリットの方が上回る確証を得たときに実行するのがベストだといえます。
例えば、借り換えをすることによりたくさんの特典がついてくるとします。
借り換えの条件に特典が多ければ誰しも魅力的に感じますし、借り換えをした方が得をするようにも思えますが、既存のものと変更後のものとを比較してみたら返済総額が増えてしまうということもあります。
さらに、住宅ローンシ ミュレーションは一定の条件を満たした場合に限るケースもございますが、基本的に回数制限はありません。
だからといって、複数回の住宅ローン借り換えを視野に入れた計画を立てることが必ずしも得策だとはいえません。
その度、手数料がかかってしまうし、勤め先のボーナス削減や年収の低下により借り換えが出来なくなる可能性もあります。
また、情報化社会といわれる現在ではインターネットなどによる資料の収集も安易にできるので、それらの資料でよく熟考した結果、「今こそ借り換えの時だ!」と確信を持てたときに動くのが良いのではないでしょうか。
もちろん慎重になるなることも大切ですが、逆にタイミングを逃すと無駄な支払いを続ける悪循環に陥ってしまうので注意しましょう。


△PAGE TOP